2022.05.31

株式会社リコーのアクセラレータープログラム「TRIBUS 2022」のビジネスプラン募集を開始。~「明るい未来をつくる」をテーマに、スタートアップ企業との事業共創をさらに強化~

社内外起業家とスタートアップを支援する事業共創プログラム

 株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:合田 ジョージ、 以下「01Booster」)は、株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)とともに運営する、スタートアップ企業や社内外の起業家の成長を支援して事業共創を目指す統合型アクセラレータープログラム「TRIBUS(トライバス) 2022」において、スタートアップ企業からのビジネスプラン募集を本日から開始します。4期目となる本年度は、「明るい未来をつくる」をテーマに、以下の募集領域で、はたらく人の創造力を支える新しい時代のビジネスアイデアを広く募集します。

 今年度は、スタートアップ企業との事業共創のさらなる強化を目指し、アクセラレータープログラム期間終了後に、希望するスタートアップ企業に対して、これまでのプログラムで実施してきた活動を共有する「共創活動発表会」を設けます。本発表会は、過去3期のプログラムに参加いただいたスタートアップ企業にも呼びかけ、これまで継続している共創活動を発表する場とし、TRIBUSを通じてスタートアップ企業同士や他の企業とのつながりも生み出せるような事業共創のエコシステムの醸成を目指します。

また、昨年度から連携している「Microsoft for Startups」、株式会社CAMPFIRE Startups、KDDI株式会社の「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」と共に、本プログラムの参加チームを支援します。

 01Boosterは、長年コーポレートアクセラレーターを通して多くの事業共創に向き合う中で培ったノウハウを生かして、同社の取り組みをサポートいたします。

募集領域
1. リライタブル印刷ソリューションで効率化と省資源化を実現
2. 世界最高速*1!可変情報のオンデマンド印刷による新たな価値創造
3. 外観検査技術を用いた製造現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)
4. お客様の事業活動を通じて、脱炭素社会と循環型社会の実現に貢献
5. 生産現場のスマート化で、誰もが付加価値の高い仕事へ
6. その他、リコーグループのビジネス領域

パートナーとの連携内容

  • 株式会社CAMPFIRE Startupsのサポートにより、本プログラムに採択されたスタートアップ企業が総合的なファイナンス相談やクラウドファンディングを活用した資金調達を受ける機会を提供(2021年度から継続)
  • KDDI株式会社の「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」が運営する「MUGENLABO支援プログラム 2022」に加盟し、約60社(2022年5月現在)のパートナー連合とともに課題提案やアセット提供でスタートアップ企業を支援(2021年度から継続)
  • 日本マイクロソフト株式会社と、マイクロソフト コーポレーション(米国本社)のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups – Founders Hub」で連携し、リコーとマイクロソフトの双方のリソースとサポートおよび幅広いコミュニティとつながる機会を提供(2020年度から継続)

 リコーの創業者である市村清は、理化学研究所から生まれたベンチャー企業としてリコーを創業し、その後も世の中にイノベーションをもたらす製品やサービスを数多く生み出しました。その創業の精神に立ち返り、チャレンジする人の支援・育成、新規事業の創出を促進する文化のさらなる醸成を目指します。

  • トップメッセージ

今年度のテーマは、「明るい未来をつくる」です。自分たちがありたい姿、明るい未来や楽しい世界を実現していく人たちを応援したい!一緒にそんな世界を実現したい!という想いを込めています。明るい未来、楽しい世界を目指せば、必然的に安心して暮らせる世の中になると確信しています。

本プログラムを通して、より安心・安全に暮らせる社会や、豊かな生活に資する商品やサービスを事業として生み出していきたい。そうした社会の基盤となるような事業を一緒に創り出しましょう。私たちの共創パートナーとして、「明るい未来をつくる」ためにリコーグループのリソースを有効に使いたいとお考えの方はぜひご応募ください。

株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員 山下 良則

  • TRIBUS 2022について

TRIBUSとは
社内外からイノベーターを募り、リコーグループのリソースを活用し新たな価値創造につなげるプログラムです。ワークプレイスやイメージング領域にとどまらず、社会の広い分野での課題解決を目指します。

特徴
1. リコー社内役員に加え、社外のVC(ベンチャーキャピタル)の方による審査
2. スタートアップ企業と社内起業家の助け合いと高め合い
3. 事業育成から拡大までリコーグループのリソースを活用して柔軟にサポート
4. リコーグループ社員が参加チームの要望に応じてサポートするサポーターズ制度
  (現在、400人を超える登録があります。)

スケジュール

募集期間2022年5月31日(火)~8月1日(月)
早期応募期限2022年6月30日(木)正午
※早期期限までにエントリーされた応募者の方には、ご希望に応じて事務局がメンタリングをさせていただきます。
説明会2022年 6月7日(火)16:00-17:00(オンライン配信を予定)
参加お申込みはこちらから
https://tribus2022cap-briefing.peatix.com/
募集領域説明会2022年6月15日(水)、6月16日(木)6月17日(金)(オンライン配信を予定)
※参加方法等は募集サイトで公開いたします。
スタートアップピッチコンテスト2022年10月28日(金)
アクセラレータープログラム期間2022年11月上旬~2023年2月上旬予定
統合ピッチコンテスト(成果発表会)2023年2月9日(木)
共創活動発表会2023年7月中旬
※ご希望に応じて、アクセラレータープログラム期間終了後も継続した共創活動を行われるスタートアップの方に、広く社内外に活動を発信する機会を用意いたします。

応募方法
ご応募や募集項目の詳細については、以下のTRIBUS特設ページをご覧ください。
https://accelerator.ricoh/2022tribus/

*1:株式会社リコー調べ2020年8月19日現在

*Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他の社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • 関連情報

CAMPFIRE Startupsのページ
https://campfire-startups.co.jp/

MUGENLABO支援プログラム 2022のページ
https://www.kddi.com/open-innovation-program/mugenlabo/supportprogram2022/

Microsoft for startupsのページ
https://startups.microsoft.com/ja-jp/

  • 株式会社ゼロワンブースターについて

「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開しています。また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大企業の人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。また、2020年2月から、個人のアイディアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営を行っています。

商号:株式会社ゼロワンブースター
代表者:代表取締役 会長 鈴木 規文/代表取締役 CEO 合田 ジョージ
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
設立:2012年3月
事業内容:起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URL:https://01booster.co.jp
※コーポレートアクセラレーターは01Boosterの登録商標です。

Share
Page Top