MEMBERS

MEMBERS

NORIFUMI SUZUKI

代表取締役 CEO

99年カルチュア・コンビニエンス・クラブ⼊社、管理部門を統括するコーポレート管理室⻑。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。06年エムアウトにおいてアフタースクール事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却、3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、11年事業創造アクセラレーター01Boosterを創業し、起業家⽀援、企業向け新規事業開発⽀援事業を⾏っている。2009年グロービス経営⼤学院アルムナイアワード受賞。

GEORGE GODA

共同代表 取締役

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手との国際アライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造によるデザイン白物家電の商品企画を担当。村田製作所にて、北米向け技術営業、米国半導体ベンダーとの国際アライアンス、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業に携わり、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略策定を実施。スマートフォン広告のIT StartupであるNobot社に参画、Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、同社のKDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定。現在は01Boosterにてコーポレートアクセラレーター・事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアを中心とした国際的な事業創造プラットフォームとエコシステム構築を目指している。日本国内の行政や大学を含む、多数の講演やワークショップ実施の実績あり。

HITOSHI HIRAOKA

2004年、新卒で自動車内装部品会社に入社。主にトヨタ自動車に対する内装部品の営業・企画・生産準備・品質管理等に従事。2007年、幅広く業務を経験する中で自身のキャリアの幅を拡げるため、日本GE Commercial Financeへ転職。中小企業を中心にリース・保険等の金融サービスのソリューション営業を担当。その後、リーマン・ショックの影響から、社会性・公共性・成長性の高い業界への転職を決意。2009年、医療系ベンチャーの株式会社エス・エム・エスに転職。同年12月、エムスリー株式会社との合弁会社、エムスリーキャリア株式会社の立ち上げに参画し、医師転職支援のキャリアコンサルタントとして、紹介事業立ち上げに従事。オペレーション構築、複数の大手医療グループとの取引拡大、事業提携等で医師人材紹介事業の拡大に貢献。2015年9月、独立。グロービス経営大学院MBA。

MAYUMI TOEDA

ジョブホッパー。ゼネラリスト。財団法人でのベンチャー支援をきっかけに、経営に必要な分野に広くあまねく挑戦。これまでに総務・人事・経理・企画・営業を経験し、交渉力、利害調整力、論理的思考力を習得。2011年から生保でファイナンシャルプランナーとして個人向けのコンサルティング営業を経て2013年に独立。十枝FPオフィス 代表。

KOJI TSUJI

UXアーキテクト。IT代理店にてNTT、KDDIの企画営業、コミュファ代理店支店長、Yahoo!ショッピング出店舗へのマーケティング業務。ライフスタイル領域の新規事業創造、テレビ局・飲料メーカー・ゲーム会社などのPR・コンテンツ企画開発運営、ネットコンサルティングに携わる。2011年に独立し、企業の人材育成、新規事業立上げ、UIUX設計、iOS・Androidアプリ開発者育成アカデミー運営、マーケットプレイスやオウンドメディアでのEC事業展開。2012年に孫泰蔵氏の第2期 SeedAccelerationProgram MOVIDAScholarship に選出。オールアバウトにて新規事業立上げ、プロデュースに従事。2017年より01Boosterに参画し、大手企業、スタートアップの事業創造支援に従事。

TAKERU KAWASHIMA

早稲田大学卒業後、日系医療機器メーカーにてEMEA地域の新規市場開拓、外資系医療機器メーカーにてプロダクトマーケティングに従事。2017年より01Boosterに参画し、複数のアクセラレータープログラムのマネージメント、及び海外のアクセラレーターとの連携を推進。2018年にアジアのVC・アクセラレーターのコミュニティであるAcross Asia Allianceを立ち上げる。

TOSHIHIRO KAMEOKA

2005年に人材サービス企業に入社。セールス・新規事業開発などを経験する。安心して働くためには、保育環境を整える必要があると感じ、2012年10月に株式会社ラボアンドタウンを設立。小学生の放課後を預り、「子どもと家族の自己実現」を目指すアフタースクールを運営中。 2017年2月より01Boosterに参画。

YUMIKO IWAI

美術大学を卒業後、CCCでは経理や秘書業務を経験。ホテルやブライダルの仕事に長く携わり 顧客対応力を身につける。2017年より01Boosterに参画。

SOJIRO SAKATA

大学在学中、ニューヨーク州立大学へ留学。卒業後食品メーカーにて新規事業開発を経験した後転職し、大阪市の産業支援機関にて中小ものづくり企業の販路開拓や経営力・技術力向上を支援。その後部署異動し、スタートアップや大企業を巻き込み、新たな事業創造、及びエコシステム構築を目的としたピッチイベントやハッカソン、海外ツアーや国際カンファレンス等、年間約100件のイベント・プログラムに従事。2018年より01Boosterに参画し、大手企業、スタートアップの事業創造支援に従事。

YASUAKI KUWATA

1998年、大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程を修了後、大手OA機器メーカに入社。大手医療機器メーカを含め、研究開発から生まれた自社技術の商品化、新規事業の立ち上げに従事。自社の販売チャネルが無い市場への参入をはじめ、技術のQCDから販売まで広い視野で自社のビジネスを考える事業開発を経験(経験した製品カテゴリ:液晶ディスプレイ、半導体レーザ、体外診断薬、他)。転機を迎えている日本の製造業の活性化に係りたいという想いが強くなり、香港政府系機関に転じ、日本企業の海外進出、輸出入、ビジネスマッチングの支援に従事。2018年6月より01Boosterに参画し、大学研究技術の社会還元支援に従事。

SHO YAZAWA

早稲田大学文学部心理学コース卒業後、Eコマース関連のベンチャー企業へ新卒1期生として入社。Webデザイン・マーケティング・採用・事業責任者等を経験。2018年6月より01Boosterに参画。

HIROKATSU IINO

情報通信系の開発会社へ入社後、システム開発部や企画開発部にて新規事業に携わる。チームリーダーやチームマネージャーを経験。その後、独立。2018年9月より01Boosterに参画。私生活では、世代を超えた人とのつながりを意識して、地域のボランティア活動や、PTA活動に参加。

HIROKI MORI

大学卒業後、日本電信電話(株)入社。NTTグループにて研究開発やオペレーション開発を担当。海外企業との新規事業開発を経験し『自分の生き方を自ら創り出す機会』の必要性を体感。未来の子ども達のために「キンダリーインターナショナル」を立ち上げるなど「“Ikigai”を持ち、自分らしく生きて働くこと」の社会実装を推進中。

SOICHIRO OKA

政府系金融機関在職中、スタートアップ、事業承継、老舗企業など4,000社以上の審査を担当。その中から年商50億を超えた企業も存在する。創業専門部署へ異動後は創業セミナーの企画・運営、大学・高校・専門学校で資金調達やビジネスプラン作成に関する講義、各ビジネスプラン審査員を担当。また、ケーブルTVでは生放送の番組を担当し地域経済の解説を行っていた。2019年1月より01Boosterに参画。

AKIRA WATANABE

1995年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下CCC)に入社。一貫してデータベースマーケティングの分野に従事し、主に事業戦略や新規事業開発を担当。Tポイント事業、レコメンド事業、スマホサイフ事業の立ち上げを行う。2012年にCCCの執行役員に就任。2015年にCCCからマーケティング事業部門を会社分割してCCCマーケティングが設立され、執行役員に就任。2019年より01Boosterに参画。

GO SUGITA

99年青山学院大学卒業後NTT東日本入社し主に法人営業を担当。結婚を機に地元宮崎に戻り歯科医院経営支援ののち、07年宮崎商工会議所入所。商店街支援、観光事業計画、経営支援、創業支援、みやざきスタートアップセンターの立ち上げ、運営を行う。2019年4月より01Boosterに参画。

YUJI NOMURA

博士号(遺伝子工学)取得後、東京工業大学原子炉工学研究所に研究員として勤務。他の国公立大学や行政機関との共同研究に携わり、研究会の企画・運営などにも参画。2010年、多くの大型フェスを手がけるイベント会場設計会社に入社し、人事・経理部門を経て、新規事業推進および経営企画に従事。科学的知見と経営的視点を交え、ビジネスコミュニティ形成と事業創造の促進を目指す。2019年4月より01Boosterに参画。

AKIRA FUJII

大学卒業後に精密機器メーカーに入社。研究開発職にて19年間勤務。その後に医療系ベンチャー企業を経て、2019年8月にゼロワンブースターに参画。専門は半導体、光学。

TADAMICHI HIRAI

2008年にABBに入社。自動車用塗装ロボットのラボエンジニアとして従事。2016年にドイツ系素材メーカーのソリューション営業に転職。大手企業から中小企業まで全国の幅広い製造プロセスのクライアントを対象に新規開拓および既存深耕の法人営業を経験。2019年6月より01Boosterに参画。

KAORI OGAWA

2013年青山学院大学学校教育法プログラム認定ワークショップデザイナーを取得。2014年東京経済大学経営学部流通マーケティング学科を卒業後、生活雑貨メーカーにて商品企画開発・広報・web・ECサイト運営を経験。2019年9月より01Boosterに参画。